2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.04.26 (Sun)

美容院で髪洗われているときガーゼの下では目をあける派の私

いつも行っている美容院でたまにシャンプーをしてくれる女性がいるのだが、私はその女性の洗髪の素晴らしさにノックアウトされている。

美容院の洗髪は男性・女性に限らず、比較的繊細に洗ってくれる人が多いのだが、その女性のシャンプーは何というか、パワフルで男前な感じなのだ。
普通の店員さんのシャンプーの擬音がワシャワシャワシャ……だとすると、彼女のシャンプーはワッッシャワッシャ、ワッッシャワッシャというかんじ。

若干ぽっちゃり目(すみません)の外見から繰り出す、ぞんざい一歩手前でありながら、実はぞんざいではない指使い。
ひき肉に例えるならあらびき。レタスに例えるならちぎり。
でも、肉は確かにひき肉であり、レタスは一口で食べられる丁度よさ。
シャンプー後のマッサージも熟練のうどん職人のように私の頭と肩を心地よく揉み倒してくれる。

私はその美容院に何年も通っていて、「シャンプーはこの人でお願いします」と言おうと思えば言える立場なのだろうが、どんな言葉を使って褒めても誤解を受けそうな気がする。

「この方のシャンプー、男前な感じですごく好きなんで」
「この方のシャンプー、あらびきな感じで最高なんで」
「この方のシャンプー、パワフルな食洗機で洗われてる感じで気持ちいいんで」

私の行きつけの美容院の店員の方が、もしこれを見ていたら察して欲しい。
しつこいようだが、本当に私は彼女のシャンプーを心から褒めている。

00:25  |  世事  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。