2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.11.02 (Sun)

芸能界で女性がおっぱいを揉まれてもよい状況についての考察

matsumotoakiko.jpg


上図は10月13日放送の「5時に夢中」における一場面である。
公衆の面前で、48歳の女性が42歳の男性に乳をもまれている。
しかし48歳の女性は恥ずかしがるどころか、寧ろ嬉しそうである。
というか積極的に乳をもまれにいっている。
なぜなら42歳の男性の心は女性だからである。

いやここでちょっと冷静に考えてみよう。
これは心が同性ならばよいという問題なのだろうか。
確かに「ゴッドタン」における松丸アナのおっぱいチェックや、AKB系列アイドル同士のたわむれなど、女性同士であればおっぱいをもむことは何ら問題ないという空気がテレビの世界にはある。

そもそも女性同士なら本当に問題がないかというのも、かなり個人差があると思うのだが、更に芸能界の場合、数多いるオネエ的存在が事態を複雑化させている。
オネエの方々の中でも、外見がほぼ完全に女性、外見がほぼ男性、性別不詳といったバリエーションがあるうえ、グレーゾーンの方々の扱いなどまで考えると、ひじょうに境目がぼやけてくる。
恐らく、ほとんどの芸能人女性は、佐藤かよにおっぱいを揉まれても抵抗がないであろうが、クリス松村だとどうだろうか。あるいは三ツ矢雄二だとどうなのか。微妙な境界事例がここに生まれてくる。

ならばここでいう心理的な境目は「相手が自分のおっぱいに性的関心を持っているかどうか」だという仮説はどうだろう。
類似事象として存在する「あたし、ピーコさんの前だと普通に着替えてますよ」的なシチュエーションを考えると、ここに境目が存在するというのは有力な説である。これならば多くのオネエの方々は「抵抗がない」方に入る。
その他考えられる境界事例としては「8歳の男の子」「100歳のおじいちゃん」などが挙げられるだろう。100歳のおじいちゃんに1ミリも性的関心がないかは微妙とはいえ、低年齢の男の子については(児童ポルノ問題はともかくとして)河西智美の事例があるので、心理的には揉まれても大丈夫ゾーンに入るのではないだろうか。ちんちんに毛が入る前の男の子が女湯に入っても許されることを考えると、基本的には、ここに境目を置いても良さそうではある。

しかし、ことはそれだけでは済まない。揉まれている状況の「画面(えづら)」もひじょうに重要なファクターだと考えられるからである。
客観的にみた場合、たとえ相手が性的関心がないことがはっきりしている場合でも、揉んでいるサイドの外見によっては、抵抗感が生じるケースがある。
例えば、同性でありながら、神取忍におっぱいを揉まれる場合は、やはり若干のもやもやとした気持ちを感じるのではないだろうか。
着ぐるみなどで考えてみるのもわかりやすい。着ぐるみにおっぱいを揉まれるシチュエーションはあまりないかもしれないが、例えば可愛らしいキャラの着ぐるみを着た人には平気でハグをする女性が多い。中に入っているのは性欲のかたまりのような男性かもしれないのに、である。逆におっさん的なキャラの着ぐるみの場合は、たとえ中に入っているのが女性だったとしても抵抗感があるだろう。

更には、揉まれる側の女性サイドの「自身のおっぱいへの評価」というのも要素として考慮しなくてはならない。上の松本明子の例がそうなのかもしれないが、大きさ、年齢などによって、自己評価が下がり、揉まれてもまあいいや、という境地に達するケースもあるように思われる。
ただ、芸能人の場合「自身のおっぱいへの評価が下がる」=揉まれてもいいや、という方向だけではなく、「自身のおっぱいに自信を持っているからこそ揉ませる」というケースもある。

これは芸能人特有の、揉まれた方が自分の特徴を見せられる=「おいしい」場面における心理状況である。グラビアアイドルなどでは、そこで揉まれることによる同性の「やわらかーい」「弾力がすごーい」等の感想が、「ニセ乳の否定」や「若さのアピール」になるのだ。
若干心理としては異なるが、女芸人がネタのために乳を揉ませたりするケースも、類似したシチュエーションといえよう。女を捨てているというケースももちろんあるが、ネタの面白さ=その場のおいしさ>女としての自分という図式によるものと思われる。

単純なように見える女性がおっぱいを揉まれてもよい範囲というのは、とくに芸能界においては、かなり多くの要因に縛られることになる。

無理矢理数式っぽく書くと

L=揉む方のおっぱいへの性的関心(−1〜+1)
y=揉まれる方の年齢
O=揉む方の外見(女性的をマイナス、男性的をプラス、ファンシーをマイナス)
γ=芸能人的なおいしさ(おいしい場面)

OPM値=L × (100−y) + O − γ

OPM値<0の場合、おっぱいを揉まれても可、という感じだろうか。

今後は「ピーターの別荘では男も女もいっしょに風呂にはいっている」「misonoはいつも大阪にいくときはタムケンの家に泊まっているが妹みたいなものなのでOK」などの事象についても、考察していきたい。


19:15  |  テレビ・芸能コラム  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。