2014年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.02.20 (Thu)

不思議ちゃん、その後

私の記憶が確かならば、川原亜矢子がmc Sisterモデルとして映画「キッチン」やC1000タケダのコマーシャルに出ていた頃、彼女はまごうことなき不思議ちゃんだった。

テレビの生放送バラエティ(「いいとも」のスペシャルだったかな)で、彼女が発言するたびに、周りの大人たちが「頼むから何も言わないでくれ」という顔をしていたのを思い出す。



しかし、数年の時を経て、フランスでのモデル活動から芸能活動に復帰した彼女は、ときにはコメンテーター、ときにはキャスターをこなし、ロレアルのCMで「わたしにはその価値があるから」と自信満々にこちらに目線を向けていた。

あのときの不思議ちゃん、川原亜矢子はどこへ行ってしまったのだろう。

ーーーーーーーーー

世に不思議ちゃんと呼ばれた芸能人は数多い。
しかし不思議ちゃんと呼んでよいのはそれなりの年齢までだ。
年とともに、不思議ちゃんからそのまま「不思議さん」へと成長した人もいれば、ちょっとばかり道を外れ「突き抜けさん」になる人もいる。そうかと思えば無かったことになっている「無かったさん」もいる。

妙齢になった不思議ちゃんたちの変遷を少しまとめてみた。


氏名変遷備考/名言など
藤谷美和子不思議ちゃん→突き抜けさん大阪で一番多発している犯罪は何だと思うか?という質問に「シュークリーム」
大竹しのぶ不思議ちゃん→不思議さん元祖不思議ちゃん女優。
西村知美不思議ちゃん→不思議さん渡辺満里奈に「満里奈ちゃんは本当きれいでかわいくて、タンバリンみたい」
松本小雪不思議ちゃん→主婦夕焼けニャンニャンに出つつヌード写真集。女優の小雪とは別人だが同一人物だと思っている人がいる。
戸川純不思議ちゃん→不思議さん本人は不思議ちゃんキャラの人に近寄られるのは嫌いらしい。
川原亜矢子不思議ちゃん→無かったさん無かったことになっている筆頭。
石原真理不思議ちゃん→突き抜けさんブログはなかなかに突き抜けた読み応え。
山口もえ不思議ちゃん→不思議さん何でもほしがるまみちゃん時代のCMから声が変わったためビジネス不思議ちゃん疑惑あり。
釈由美子不思議ちゃん→不思議さん小さいおっさん妖精を見たでおなじみ。
千秋不思議ちゃん→無かったさん典型的なビジネス不思議ちゃん。商才に長けている。
小阪由佳不思議ちゃん→突き抜けさん→無かったさん芸能界の可哀想な犠牲者。
小倉優子不思議ちゃん→無かったさん無かったことにするところまでを芸にする先駆者。


えっこの人は不思議ちゃんじゃないよ、とか、この人が入ってないよと思う節もあるだろう。
しかし不思議ちゃんという言葉自体がひじょうに曖昧な言葉なので、定義がぶれるのはご容赦いただきたい。基本的には、挙動不審で、空気が読めず、妙な発言をする女性たちである。

このようにまとめてみると、明石家さんま関係者が多いことに気づく。
元妻の大竹しのぶはもちろん、西村知美、釈由美子、山口もえも彼の番組でそのキャラを見出されている(そもそもからくりTVには不思議さん枠がある)。

一般的に、不思議ちゃんが発言した後の観客の反応は総じて「失笑」である。通常の司会者(たとえばくりぃむしちゅー上田)であれば、その失笑を聞いた後に強く突っ込むという手法をとるが、明石家さんまは会場の失笑に先んじて自ら爆笑することでその面白さを引き出す。そのあたりがこういったキャラの人を預けられる信頼感なのではないかと思う。

あと近年多いのがビジネス不思議ちゃんだ。
千秋のように不思議ちゃんキャラを演じつつ実態は違うこともアピールしたり、小倉優子のように事務所に言われたキャラでしたと否定するところまでを芸風にしているケースもある。
個人的には、不思議ちゃんを演じていた自分を否定するというのはあまり好きでは無い。

加藤鷹が「プラトニックス・セックス」を書いた飯島愛に対して「自分を育ててくれたAV業界を足蹴にしたような女は俺は嫌いだ」と言ったのと同じように、「自分を育ててくれたこりん星」にもっと感謝すべきだと思う。

ーーーーーーーーー

現在も平愛梨や吉高由里子、上野樹里など不思議ちゃんと呼ばれる芸能人は数多い。
今をときめく挙動不審朝ドラ女優能年玲奈もそのひとりであろうし、アイドルでも市川美織や安本彩花など、不思議ちゃんキャラは大量発生中である。

しかし、いつまでも「不思議ちゃん」でいるわけにはいかない。
いつかはみんな年を重ね、選択しなくてはならない。
このまま不思議さんでいるのか、無かったことにするのか、はたまた突き抜けていくのか。

不思議さんでいたい?
ならば、明石家さんまの門を叩けばいいんじゃないかな。

スポンサーサイト
23:16  |  テレビ・芸能コラム  |  EDIT  |  Top↑

2014.02.16 (Sun)

テレビバラエティの止まらない年功序列化が若者のテレビ離れを生んでいるという仮説

高度成長時代における日本企業の大きな特徴「年功序列」が揺らいで久しい。
欧米型実力主義の導入、バブル期の大量採用とその後の氷河期世代のギャップなどから、時代は年功序列を廃していく方向に流れている。現状、正しくそれを守っているのは銀行業界くらいと言ってもいい。

しかし、ここで話したいのは年功序列か実力主義かといったビジネスの話ではない。日本のテレビバラエティの話である。

1970年代〜90年代にかけて、日本には「若者しか見ないテレビ番組」というものが存在した。
「若者しか見ないテレビ番組」には、若者に人気の新顔タレントが主役として起用され、年寄りにはわからない面白さで徐々に時代を席巻。それまで時代を謳歌した人気者を旧世代に追いやった。そういった新陳代謝がかつてはあった。

ドリフが、ひょうきん族に駆逐され、とんねるずはザ・ベストテンを終了に追い込み、ダウンタウンやウンナンが若くして冠番組を持つ。そういう下克上のうねりが、近時、まったく起こっていないのがひじょうに気になるのだ。

以前、博多大吉が「若者のテレビ離れの原因は、今のテレビバラエティの主役が35歳オーバーで、35歳オーバー世代の目線で作られた番組ばかりだからだ」という主旨のことをラジオで言っていた。
それはそれで正しいと思うのだが、問題はそういった状況を作り出してしまった根本原因である。なぜ主役が35歳オーバーのままとどまっているのか。

私は、テレビバラエティの構造が年功序列化していることが、その主因だと思っている。

バラエティの年功序列化とはどういう意味か。
一部のネタ番組を除いて、今、現在、若手タレント(とくに芸人)が売り出していこうとすると、まずは、実績のあるタレントが仕切る番組のゲスト出演から始まる。
そこでの主役はあくまで「実績あるタレント」であり、あくまで「その色の中」で、爪痕を残したり、うまくいじられたりすることが求められる。何かしらの爪痕を残した次のステップは、「違う実績あるタレントの番組に出る」ことである。しかし、いくら人気が出ても、冠番組を持つには数々のステップを踏まなくてはならない。
ゲストとして実績を踏み、レギュラー番組をいくつか持ち、数々の先輩タレントと絡み、ラジオでも実績をあげ、地方でも頑張って、やっとキー局の冠番組を持てる。しかもその冠番組は自分の色を出せるものとは限らない。脱力系散歩番組の二番煎じかもしれないし、クイズバラエティかもしれない。

これでは、年功序列型の会社である。

まずはAという部署に配属され、部長の配下でやり方を学ぶ。成績が上がると「ではBという部署で今度はやってみたら」と言われる。自分の部下を持つには、永遠に近い長い道のりがあり、いざ部長になれたとしても、ポストの関係で自分の畑違いの部署にまわされ、よくわからないままハンコだけは押している。こんな状況にひじょうに似ている。

このような会社からは、時代を変えるようなアイディアや商品は生まれてこないように、こんな土壌から新しい感性は湧き出ては来ない。
唯一、(内容が新しいかはともかく)若手タレントに冠番組を持たせることに自覚的だったフジテレビも、近年「はねるのとびら」や「ピカルの定理」を終わらせてしまい、その後、このような枠をつくっていない。

なぜ昔のように無謀とも言えるような若手がゴールデンタイムに冠番組を持ち、先輩タレントとは無関係な世界で成り上がっていくことが出来なくなってしまったのか。

テレビ業界自体がスポンサー商売であり、不景気で保守的になっているという時代背景はもちろんあるが、ひとつ契機になったのはオリエンタルラジオの失敗と復活ではなかったかと思う。

「武勇伝」ネタで、若者に大人気だった(とされている)オリエンタルラジオは、わずかな芸歴にも関わらず、いっきに冠番組を複数持った。しかし、その全てがさんざんの評判で、すぐに打ち切りとなってしまった。
その後、低迷期を経て、各々のキャラを活かし再度下積みゲスト枠からやり直した結果、現在では復活を果たし芸能界にしっかりと地に足をつけている。ただ、それはあくまで「主役ではなく脇役として」の活躍である。

これを見たテレビ関係者は「やはり、先輩の庇護の下で経験を積ませてから独り立ちする方が、リスクがない」と感じ、若者に人気があるからと冒険するのをやめたのではないかと思うのだ。

先輩の番組に出た若手芸人はバラエティでは常にいじられる側である。出て来た当初はとんがった芸や考え方をもっていても、繰り返し他人の土俵で転がされていくと、徐々にそれは消えていく。丸くなってから独り立ちすれば、大きい失敗はしないが、大きい成功もまたしない。

たとえば、ちょっとジャンルは異なるが、今女子高生にウケていると言われる「HR」モデルけみおのVine6秒動画
41歳の私には面白さはわからないが、これはこれで若者にはわかる面白さなわけである。

しかし、これを(情報番組ではなく)テレビバラエティで取り上げるとなると、恐らく「行列ができる法律相談所」とかに呼ばれて、東野幸治やフットボールアワー後藤から色々と上から目線で突っ込まれることになってしまう。
番組は盛り上がるだろうが、それは40代が10代の奇妙な風俗を見て笑う的な盛り上がりであって、10代がこれを見て「ウケる」と言っているのとは全く違う。

10代がけみおを見てうけているのと同じ感覚で10代が笑えるテレビバラエティ、それを10代に人気のタレントが先輩タレントとは隔離された世界で仕切る。そういうのが出てこないことには、テレビバラエティは永遠に年寄りのものになる。

年功序列の会社は定年があるが、芸能界には定年がないのだから。
18:33  |  テレビ・芸能コラム  |  EDIT  |  Top↑

2014.02.04 (Tue)

なぜアイドルは父親と未だにお風呂に入っていることをアピールするのか

22歳だそうである。
何の年齢かというと、先日、テレビで「お父さんとまだお風呂に入っている」と言っていた武田梨奈の年齢である。

22歳と言えば山口百恵なら引退した後だし、北条政子でいえばもう御台所と言われていた時代だ。
かなり成熟した年齢の芸能人が、いまだにお父さんとお風呂に入っているのである。

近年、とみに「お父さんとまだお風呂に入っている」アピールをする芸能人が増えた。
ちょっと前だと加藤紀子が21歳まで父親とお風呂に入っていたし、眞鍋かをりは33歳になっても父親と混浴は平気と言っている。

最近でも、平愛梨(29)・平祐奈(15)姉妹、NMB48の城恵理子(15)、SKE48の古畑奈和(17)が次々にお父さんと風呂に入っている宣言をしており、更には、今をときめくダンサブル女優剛力彩芽(21)までが、先日、父風呂宣言をした。この動きはいったいどういうことなのだろう。

振り返れば、この「お父さんと風呂に入っている」の元祖は、津川雅彦の娘、麻由子であった。
約25年前、デビュー当時、15,16歳で、母親譲りの豊満な肉体を誇った麻由子はテレビ出演するたびに「父親と風呂」宣言をしていた。私の記憶が確かならば、その際の客席の反応は、ただただドン引きであった。

しかし、当時は「引く」と同時に、過剰に浮世離れした津川雅彦・朝丘雪路の娘ならばさもありなん、と思ったのも事実である。つまるところ、みな芸能人固有の奇習と解釈していたわけである。

その時代からすると、今の父風呂ラッシュは隔世の感がある。
もちろん、第二次性徴もとうに終えた女性が父親と風呂に入るのは、現代においても少数派であることは間違いない。
テレビ番組で、芸能人が父風呂宣言をした際の客席の反応は、相変わらず「引いて」いる。

にも関わらず、このようにこぞって父風呂宣言をする背景は、近年の芸能人におけるアピール手法の変化ではないかと思う。
例えば「複数人アイドルグループの中の一人」といった個性を主張しなくては集団に埋もれる、というシチュエーションでは、危機感からときに「虫を食う」など行きすぎたアピールが散見される。椅子の限られるコメンテーターや女優においても、認知度をあげ、地位を確立するために、何かしらのキャラ設定を加えることが多くなっている。

こういった芸能界の中の「キャラ付け」の一手段として、父風呂が利用されているのではないかと思うのである。

アイドルであれば「子供っぽさ」のアピールであると同時に、ファザコン演出として、ファン層のかなりの部分を占める中年男性に幻想を抱かせる効果も期待できる。

逆に武田梨奈や眞鍋かをりのような比較的サバサバしたキャラの芸能人にとっては、家では男みたいなもんですからアピールはキャラをより強化するし、平姉妹のように家族全体としてのエピソードに事欠かない芸能人であれば、やはりあの家族は面白い、となるわけである。

ここ最近の宣言ラッシュで、私の周囲でも反応は変わってきている。
女性ではまだ「引く」人が多いが、とくに男性においてこの「父風呂宣言」は好感を持って捉えられている。テレビで「まだ父親と風呂入っています」と言ってたので好きになっちゃったよ、くらいのことを言う人もいる。
はっきり言ってちょろいと言われてもしょうがないが、中年男性の性として、こう反応するのはやむを得ない。正直わたしも冒頭の番組以来、武田梨奈が気になってしかたがない。

アピール手法としての父風呂宣言はノーリスクで好感度を上げるチャンスである。
例えば汚部屋アピールのようにロケに来られてプライベートを曝したあげく好感度を落とす心配もない。さすがに父親と風呂に入っている場面を映せとまでは言われないので誰もウラはとれない。言ったもん勝ちの好感度アップ作戦である。

当面、この手法は世間が飽きたというまで更に増え続けることだろう。

剛力さんも父風呂宣言を機に好感度が上がることを切に願う。

papa.jpeg
11:26  |  テレビ・芸能コラム  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。